びるのブログ回転するUFO

HN「びる」の雑記 サブブログです。 メインブログは、http://funnypainter.wordpress.com/ です。
・ びるのブログ 各カテゴリー最新5記事 一覧                        ・ 全ての記事を表示する(サイトマップ)
Top Page > Web

ニッチなツイートまとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Togetterで、ニッチ(すきま的)な、ツイートまとめしています。

一ヶ月で1,000Viewにも満たない、まとめですがそれなりに需要あるかな? と思い時々まとめています。

「funnypainter」さんのまとめ - Togetter

本来は、現地へ行って「現場の雰囲気」を感じた上でまとめて見たいものですが、ここ最近の「まとめの現場」(青森・鹿児島・大阪等)、遠いところが多いです。

まあ、離れていても間接的にその場の雰囲気が味わえるのは、よいことだと思いますが・・・。
確かに、物足りないですね。

秋分の日を過ぎ、秋らしくなってきました。 体調管理に注意しましょうね。
[ 2013/09/24 15:28 ] Web | TB(0) | CM(0)

みんなのうた も ボカロの時代 まとめました

このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなのうた も ボカロの時代 まとめました。
NHK みんなのうた
2013年8・9月の新曲 「少年と魔法のロボット」 
歌:40mP feat.GUMI
作詞・作曲・編曲:40mP
みんなのうた 初のボカロ曲 8月1日12:55~ 初回放映時の反応

    みんなのうた も ボカロの時代 - Togetter


とうとう、NHK「みんなのうた」でボカロの曲が流れるようになりました。

  • 番組史上初 NHK「みんなのうた」にボカロ曲が登場 - ねとらぼ

  • この記事によるとすでに、6月には決定していたことらしい。

    初めてこの曲を聞いたのは、実はまとめを作った当日(8月7日)の午前中だったと思います。
    それから、6日さかのぼって、初回放映時のTwitterの反応を抽出しました。 その方がより反応が、新鮮だと思ったもので・・・

    私は、若い方に比べると思い入れは弱いかもしれませんが、ボーカロイド音楽の中に好きな曲もあります。
    なので、僭越ながらまとめさせていただきました。

    NHKは、以前から様々な番組でボーカロイドの特集をしていたので、「思い入れの強い番組制作スタッフ」がいらっしゃるのですね。 そのうち、初音ミクが「赤白歌合戦」に出場? 何てことも一部で噂にあがっています。

    ボーカロイドの曲は、聞こえてくると不思議とそちらに注意が向きます。 人間の声でない異質なものだからでしょうか? 昨今は、CMなんかにも起用されていますね。(例えば、某ランドセルのCMとか・・・)

    そのうち、珍しいとも思わなくなるのでしょうが・・・。 「みんなのうた」への採用は、とっても今時ぽい、近未来的なニュースのような気がします。 
    8月・9月は、何度となく聞くことになるのでしょうね、「少年と魔法のロボット♪」

    「みんなのうた」は、TV と ラジオ で放送されています。
    ボカロ専門ラジオ番組「エレうた」を聞いた時も感じたのですが、ボカロの曲は、字幕がないと歌詞が理解できない部分があります。 どちらかというと、TV で一度視聴した方が、よいかもしれません。

    NHK みんなのうた - 放送予定表
     
    歌詞の題材は、ズバリ「ボーカロイド」です。 アニメーションもかわいいですよ。
    [ 2013/08/09 16:02 ] Web | TB(0) | CM(0)

    簡易バルスボタン の 顛末 2013

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    2013年8月2日、日本テレビ系で「天空の城 ラピュタ」が放映された。

    簡易バルスボタン」 制作のきっかけ
    前々回の放送あたりから、滅びの呪文「バルス!」の台詞に合わせツイートすることが流行るようになった。
    放送がある毎に、Twitter社の1秒あたりのツイート数(tweets per second)の記録が更新されている。

    私自身、滅びの呪文「バルス!」の台詞に合わせツイートする通称「バルス祭り」に参加したのは2011年からです。
    その機会に合わせて作ったのが、「簡易バルスボタン」です。 下記のリンク先からどうぞ。
        簡易バルスボタン

    仕組みについて
    簡易バルスボタン」の仕組みは、とってもシンプルです。
    http://twitter.com/?status=***

    の最後の***の部分を日本語に直して、文字コード(UTF-8)でURLエンコードするだけです。
    生成されたアドレスをaタグでリンクするだけで、任意の文字をツイートすることができます。

    簡易バルスボタン」については、過去記事に書いています。 よかったらご覧ください。
        びるのブログ 簡易バルスボタン タグ

    2011年の放映に間に合わせたページは、とってもお粗末なものでした。
    それでも、放映直前にTwitter上でお知らせして、何人かのフォロワーに使っていただきました。

    その後、基本的な仕組みは変わりませんが、見た目をいじってみました。 まあ、現在のものも大して違いませんが・・・。 バルス! 以外の名セリフも追加してみました。

    検索にも引っかかるようになったのですが、貧弱なページだった為、正直とってもおこがましく感じていました。

    2013年放映時の「簡易バルスボタン」の状況
    そして、寝かせること1年半あまり、「簡易バルスボタン」の出番がまたやってきたわけです。
    これが、予想外の反応で正直驚きました。 検索で「バルスボタン」と打てばそれなりに上位に表示されてしまっていたので、訪れたくれた方がいらっしゃったのでしょう。
    あまりの貧弱ぶりで、幻滅された方も多かったと思います。 申し訳ないです・・・。

    ただ、放映日だけで、ユニークアクセスで、626 ありました。 これはびっくりです! 
    また時折、オンラインカウンターが二桁台になることもありました。 こんなの見るのも初でした。

    簡易バルスボタン 130802

    130802 23:27頃 放映時の「簡易バルスボタン」
    スクリーンショット


    まとめ
    どれだけの人が実際に使ってくれたか分かりませんが、使ってくれた方々に御礼申し上げます。
    アクセス集中してもシンプルな仕組みだったので、FC2の無料サーバーでも、比較的ご利用していただけたのかな?と思います。

    ただ、注意書きにも書きましたが、乱用はご遠慮くださいね。

    Twitter社は、「バルス祭り」でTweetが集中しても十分持ちこたえる体制をとっていると、どこかの記事で読みました。 
    しかし、今後仮に「社会インフラ可したTwitter」が「バルス!」で落ちるようなことがおきたら、微々たる影響の「簡易バルスボタン」でも存続を考えるかもしれません。 あらかじめご承知置き下さい。 心配することでもないかもしれませんが・・・。

    今のところ「簡易バルスボタン」は、継続致します。
    また「天空の城 ラピュタ」が放映されたら、思い出していただけるとうれしいです。


    今回の「バルス祭り」で見つけた面白いサイト

    前回も多くの閲覧者で盛り上がった「バルスカウントダウン」 その後、ドメインが更新できなくなるトラブルがあったそうですが、再スタートしたらしいです。 コメントが、なかなかウィット や ユーモアが効いていておもしろいです。
        バルスカウントダウン(2年ぶり14回目)

    バルス時計は、「バルスカウントダウン」もどきですが、映像がとても凝っていて素晴らしいです。
        バルス時計 2013 (ミラーサイト)

    こういう、おもしろいサイトが作れれば楽しいでしょうね。
    [ 2013/08/04 14:28 ] Web | TB(0) | CM(0)

    UTAU と RipSync の覚書

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    UTAU(合成音声ソフト)とRipSync2(口パクソフト)を使って動画を作成するにあたっての覚書

    UTAUで音源を作成する前に、音楽シーケンサーソフトでMidiデータを作成します。

    MuseScoreというソフトは、楽譜に音符を置くだけで、Midiデータが作れるので、楽譜さえあれば音楽に疎い私でもなんとかデータを作ることができます。

    MuseScoreで作ったデータをMidi形式で保存します。

    このMidi形式のデータをそのままUTAUにインポートできれば一番いいのですが、うまく読み込めない場合があります。 その場合は、一旦 音楽シーケンサーソフト cherry に読み込ませて、あらためてMidi形式でファイル出力すると良いです。

    cherryで出力したMidiファイルをUTAUにインポートします。 インポートすると読み込むトラックを選択するよう促されます。 トラックを選択して読込、データがUTAU上に表示されていれば読込成功です。

    Midiファイルをインポートした場合、歌詞はすべて「あ」になっていますので、音符に対応する歌詞を入力して下さい。

    あとは、「原音ファイル」を変更したり「組み込みツール」の設定をしたりします。「おま☆かせ」ツールが楽です。

    UTAUで歌わせて、音声データが完成したらWaveファイルを生成します。
    UTAUのプロジェクト UTAUスクリプト形式(.ust)は、RipSyncの同期時に必要になります。

    UTAUは、単音声しか扱えません、伴奏やコーラスなどを混ぜたい場合は、RadioLine Free というミキシングソフトを使うと良いでしょう。 あまり多くのトラックは使えませんが、エコーやパンポットなどが使えます。

    UTAUから生成したWaveファイルと伴奏等をトラックごとに読み込んで、うまくミキシングしましょう。

    RipSync は、口パクソフトです。 今時のMMDなどに比べるとちょっと見劣りしますが、低スペックな私のPCにはぴったりな便利なソフトです。

    忘れやすいのが 描画オブジェクト設定で、RSIファイルとリップシンクテーブルの指定 リップシンクテーブルを指定しないと口パクしてくれません。
    もちろん、リップシンクデータ(.ustファイル)の読込も忘れずに!

    あとは、背景画、口パクのリップシンクイメージ(例:nontaさんの重音テト)の倍率・位置等の調整、字幕のタイミングなど・・・。 ここら辺はRipSyncの使い方をググってもらった方が早いと思います。

    編集が終わったら 出力で.aviのファイルを出力します。 圧縮は、「Microsoft Video1」で 「音声を追加する」にチェックを必ず入れましょう。(チェックがないと音声が記録されません)

    .aviファイル出力が終わったら、再生ソフトで確認しましょう。
    動画共有サイトにアップする際は、ファイル容量によって圧縮をかけた方がよい場合があります。

    というわけで、覚書でした。 しばらくやっていないと忘れてしまうので・・・。

     
    [ 2013/08/01 14:18 ] Web | TB(0) | CM(0)

    Googleスプレッドシート =Importxml関数が便利

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    最近、Googleスプレッドシートで、API等からデータを拾うのが楽しいです。

    Googleスプレッドシートの=Importxml関数を使ってみる
    今回は、久しく遊んでいない Stickam JAPAN! と UstreamAPIからデータを取得してみました。

    使う関数は、=Importxml("url","クエリ") と、=image("***.jpg",4,90,120) です。

    以上の関数を使って以下のスプレッドシートを作成しました。

    各動画配信サイトAPIの読み取りテスト

    各動画配信サイト APIの読み取りテスト
    (スクリーンショット)


      各動画配信サイト APIの読み取りテスト
      Stickam 現在ライブ中のユーザー

    =Importxml("url","クエリ") は、以前使った =ImportData や =ImportFeed や =ImportHtml に比べると、ちょっと分かりづらいところがあります。 それは、クエリの指定です。

    参考にしたサイトとデータ取得元
    このクエリの指定の仕方について調べましたが、日本語のページには親切に書いてあるところが少なかったです。
    そこで、英語のサイトで探してみたら以下のようなページを発見しました。
    [Tutorial] Learn ImportXML - Best SEO Tool Ever - ZoomSpring SEO

    私の場合、英語で書いてあるので、全ては理解できないですが、クエリの指定の仕方は図解されていて分かりやすいです。 特に"Query"の項をご覧ください。

    各動画配信サイト APIの読み取りテスト のGoogleスプレッドシートは閲覧のみ可ですが、一応セルの内容は見ることができます。 クエリの入力の参考にして下さい。

    例:Stickam Data API で ユーザーネームを取得する
    =ImportXML("http://api.stickam.jp/api/user/i_like_bill/profile","//user/user_name")

    各動画配信サイトのデータ取得元
    Stickam JAPAN! Data API v0 - Stickam JAPAN! Labs
    Data API - Documentation | Ustream Developer Network

    Ustream API 日本語の解説
    きまぐれなメモ用紙 - Ustream(ユーストリーム)APIの日本語解説。(素人なので間違い多いかもw)

    ※Ustreamでは、APIによるデータ取得をする場合、登録してディベロッパーkeyを取得して使ってほしいということらしいです。 ただ、少ない取得数であればkeyをつけなくてもデータ取得はできるようです。 スプレッドシートでは、keyなしですが取得できました。

    追加情報
    以上のサイトを参考にして何とか表示することができました。
    プロフィールイメージ(アバター)は、URLは直接取得できるのですが、画像として表示しようとするとひと手間かかります。 別のセルに =image("***.jpg",4,90,120) のようにして表示します。 オプションは、4 が任意のサイズ 90が高さ 120が幅という具合になっています。

    2013.7.17 追記
    プロフィールイメージ(アバター)の、URLを直接取得したセル(C9)を参照して、別のセルに =image(C9,4,90,120)のようにして表示できることを確認しました。



    Googleスプレッドシートで、xmlファイルから手軽にいろいろなデータが取得できるなら、今後なにかに使えそうな気がします。 一口にxmlファイルといっても、いくつかフォーマットのようなものがあるようで、例えばRSSフィードに使われているxmlファイルは、=Importxml("url","クエリ") では直接読み込めないです。

    RSSの場合は、もともと =ImportFeed という関数があるのでそちらを使うと良いでしょう。
    [ 2013/07/11 15:47 ] Web | TB(0) | CM(0)
    アクセスカウンター
          

    現在の閲覧者数 :       
    プロフィール

    びる

    Author:びる
    こんにちは、funnypainterこと、HN『びる』と申します。最近は、TogetterのまとめやWordPress等CMSに興味あり。

    ★びるのプロフィール★

    ソーシャルブックマーク
    Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 
    Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 
    最近の記事+コメント
    全記事表示リンク (サイトマップ)
    ブロとも申請フォーム
    アルバム
    てをつなごう だいさくせん
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ