びるのブログ回転するUFO

HN「びる」の雑記 サブブログです。 メインブログは、http://funnypainter.wordpress.com/ です。
・ びるのブログ 各カテゴリー最新5記事 一覧                        ・ 全ての記事を表示する(サイトマップ)
Top Page > 日記 > 風呂の栓選びが結構むずかしい

風呂の栓選びが結構むずかしい

このエントリーをはてなブックマークに追加
風呂に入った後、「風呂水洗浄剤」を入れる。
 
そうすれば翌日、残り湯を沸かしなおしたり、洗濯に使用できる。 
水不足の夏、水を無駄にせずに済むので、最近はそうしている。

風呂の栓の交換時期
昨日もそう思って、入浴後「風呂水洗浄剤」を浴槽に一錠入れておいた。
ところが今朝、風呂場を見てみると、8分目位まで入っていたはずの浴槽の水が、1/3程まで減っている。
水の減りは、「風呂の栓」が原因だろうとすぐにピンときました。 以前住んでいたところでも、同様の経験があり「風呂の栓」を交換したことがありました。

我が家は、築20数年は経っている借家。 そろそろいろいろなところが、故障やら消耗しがちです。

風呂の栓を購入する場合
風呂の排水口のサイズは、浴槽メーカーによって微妙に違います。

風呂の栓を購入する場合、「栓の現物」を購入する店に持っていくことをおすすめします。
また、地元のガス機器を扱っている販売店で、購入することをおすすめします。
店によって対応が違うことはあるかもしれませんが、少なくとも私の地元の店の場合、現物の栓をノギスで測って、同等の品物を探してくれます。 仮に購入した栓が排水口サイズに合わなかった場合は、交換に応じてくれます。

地元のガス機器販売店にて
今回も「現物の栓」を持ってガス機器販売店へ行きました。 お店にいた店員のお姉さんに栓を探してもらいました。 しかし、運悪くちょうどいいサイズの栓が在庫にありませんでした。
時間があれば、取り寄せても良かったのですが、今晩も入浴したいので他店で購入することにしました。
店員のお姉さんは、慎重にサイズを測ってくれて、在庫も調べてくれたので、大変心苦しかったです。
参考に栓のサイズは、φ30位だと教えてくれたので、ありがたかったです。

ホームセンターにて
そのあと、少し離れたホームセンターへ向かいました。
ホームセンターには、水道用品メーカー「カクダイ製」の様々なサイズの栓が展示・販売されていました。
しかし、自分で探すとなるとφ30近辺の微妙なサイズの栓がたくさんあるので、選択に困ります。
一応、このメーカーの売りで「ゴム栓サイズテスターつきパッケージ」と言って、パッケージのくぼみに「現物の栓」をはめてサイズを確かめることができます。

株式会社カクダイ/Let's Try/バス(お風呂まわり)/バスまわり(浴槽ゴム栓・排水口)の補修

そんなわけで、φ30近辺の栓のテスターに「現物の栓」を入れて確かめてみました。
ただ、サイズが微妙な為、φ28 φ30 φ32 のうちどれを選ぶか、かなり思案しました。
φ28は、「現物の栓」とほぼ同じ感覚で、腐食・摩耗の代(しろ)を考えて、小さすぎると感じました。
φ30は、それよりもやや大きく、教えてくれたサイズなので大体こんなかな?って感じでした。
φ32は、「現物の栓」を入れるとガバガバで、ちょっと大きい印象でしたが、20数年の腐食・摩耗具合を考えると、こっちでもいいかなぁとも思いました。
だだ、排水口に入らなかったら問題なので、φ30とφ32の選択には、迷いました。

で、結局φ30を購入することにしました。 先程のガス販売店の店員さんの教えてくれたサイズが決め手になりました。 
ただサイズが微妙なだけに心配にもなります。 そこで単なるテーパーつき栓ではなくキャップがついた形状の「二重止水構造」の物を購入しました。(品名:W型バス用ゴム栓くさりつき 品番:491-131)
普通タイプの栓に比べると50円ほど割高ですが、保険のつもりで購入しました。

浴槽の栓 

浴槽の栓 左:旧 右:新

実際に取りつけてみた
風呂の栓なんて、用が足りれば気にも留めないパーツですが、機能しないと致命的です。
問題なく、こと足りてくれ・・・と願わずにはいられませんでした。

チェーン付きなので、チェーンごと交換します。 チェーンはらせん状のリングを広げて外すのですが、爪などで無理に広げようとすると、怪我をします。 専用工具があるといいのですが、なければマイナスドライバーを使って広げましょう。

実際に排水口に栓をつけると、おもったよりゆるい感じです。 もう1サイズ上のφ32位でもよさそうな感じでした。 ただ栓の頭がキャップ状になっているので、スキマはできません。
風呂に水を入れて様子をみました。 本来は、一昼夜水をためて漏れがないか確認する必要があるそうです。

今晩も入浴したかったので、数時間放置して水位を確認しました。
一応、水位の変化がないことが確認できたので、風呂を沸かしてみました。 沸かしている最中もちょっと気になったので、数分おきに水位を確認しました。(空焚きになってしまうと大変ですから・・・)
・・・っということで、何とか無事水漏れもなく風呂を沸かすことができました。

まとめ
こんな長々と書く話題でもないと思いますが・・・。
まあ、風呂の栓を交換するということ自体、極稀なことですが、それだけに失敗はないようにしたいですね。
原則、地元のガス機器販売店での購入をおすすめします。 
十数年使用した栓ならば、水が漏れる前にあらかじめ交換できたらよいですね。 時間に余裕があれば、在庫切れでも取り寄せが可能です。
自分でホームセンターで探す場合は、それなりに用心した方がよいでしょう。 それでも失敗はありそうですけど。 
ホームセンターで栓の返品・交換が可能か?は分かりませんが、仮に、選択に失敗してもう一つ買う必要がでても、数百円から千数百円程度で済みます。 数十年使うものですからそれぐらいの出費はしょうがない・・・と場合によっては諦めも必要でしょう。

メーカーのHPで「万能型ユニットバス用ゴム栓」という商品を見つけました。
購入時「栓の現物」を忘れた場合や、微妙なサイズで選択に迷うようなら、そのような商品を購入されるのが良いかもしれません。(割高になりますが・・・)

以上、「風呂の栓選びが結構むずかしい」でした。 
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/07/20 17:53 ] 日記 | TB(0) | CM(1)
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2015/11/29 22:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アクセスカウンター
      

現在の閲覧者数 :       
プロフィール

びる

Author:びる
こんにちは、funnypainterこと、HN『びる』と申します。最近は、TogetterのまとめやWordPress等CMSに興味あり。

★びるのプロフィール★

ソーシャルブックマーク
Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 
Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 
最近の記事+コメント
全記事表示リンク (サイトマップ)
ブロとも申請フォーム
アルバム
てをつなごう だいさくせん
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ