びるのブログ回転するUFO

HN「びる」の雑記 サブブログです。 メインブログは、http://funnypainter.wordpress.com/ です。
・ びるのブログ 各カテゴリー最新5記事 一覧                        ・ 全ての記事を表示する(サイトマップ)
Top Page > 日記 > とってもあやしい・・・

とってもあやしい・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加
先日、激しくドアを叩く訪問者が、やってきた。
うちには、セールスや宗教の勧誘で来る人が多く追い払うのが面倒なので、居留守というか放置することが多い。

しかし、チャイムがあるにもかかわらず、激しくドアを叩くので、何か緊急性を感じて応対してみた。
すると、ドアの外には誰もおらず、諦めて帰ったのかなぁと思っていたら、庭側から声がする。

すると、無精髭を生やし、やたらタバコ臭い息を吐く、中年男性が慌てて現れた。 
彼曰く、「廃品回収業者」だと言う。 何か不用品がないかと訪問して回っているらしい。

私は、面倒と思いつつも、不用品はたくさんあるので、ちょっと話をしてみた。
確かに、この住宅街、結構朝早くから「廃品回収業者」の車が巡回している。

私は、そんなに頻繁に回って、そうそう「廃品回収」のニーズってあるのかなぁってちょっと不思議に思っていた。
まあ、数年前の中国の好景気の時は、銅等の金属が高騰して、結構お金になったと言う話は聞いた。
中古テレビだって海外向けに修理して使うため輸出目的で回収していた時期もあったはずだ。

いまは、ブラウン管テレビは、ほぼ無料で回収してくれる業者なんていないだろうけど・・・

話は、それたがその「廃品回収業者」と名乗る中年男性、汚れた防寒作業着を着て、それなりに見えたのだが 話をしてみるとちょっと不自然に思えた。
仮にでも、営業活動しているのだから チラシだの名刺を持っていて当然と思うのだが、名刺は持ち合わせていないという。
車を遠くに置いて歩いて営業しているので、持ってくるのを忘れたと弁解する。

そういうこともあるのかなぁ なんて思いつつ、なんか不用品を持って行ってくれるんだったらと物置へ案内する。
物置には、なかなか捨てられず放置されている不用品がたくさんある。 
中には鉄屑屋へ持っていったら、いくらかで売れそうなアルミの塊なんかもある。 
私が「これなんかどうですか?」 と、中年男性に尋ねたら、なんか気の無い返事が返ってくる。

「商売やる気あるのか?」って感じだった。 
それより、型は古いが使っているエアコンを指さして、
「あれ持ってい行きますよ。 使ってないですよね?」 みたいなことを言う。
私は、「まだ使ってますよ」って 怪訝に返答をした。 とんでもないことを言うやつだと思った。

テレビも回収するというんだが、もちろんタダではないようだ。 
やっぱり無料で回収するより、有料で引き取る方が「廃品業者」としてはうま味があるのだろうか?
なんて思ったのだが、不要なテレビは何台かあるんだが、お金は払いたくないし出すのが面倒だったのでお断りした。
(テレビはともかく、物によっては、リサイクルショップへ持ち込めばいい値が付く場合もあるだろう。)

してまた、その中年男性は余計なことを聞く、「この家って賃貸なんですか?」 余計な御世話だと思ったが「そうだ」と返答をした。 まあ、屋根の改修業者も度々訪れてよく聞かれることなので、まあ気にも留めずにいた。 

私も面倒だったし、積極的に回収しようとする姿勢も見れなかったので、「今回は見送ります。 縁があったらよろしくです。」
といってお引き取り願った。

その後も、隣の家で営業活動をしているような様子はうかがえた。 
廃品業者も大変なんだなぁ なんて 直後は思ったのだが・・・


 
思い返すと、あやしい中年男性だったと思わずには、いられなくなった。
まず、私が応対に出た時、何故、庭側に回り込んで覗いていたか?ということだ。 これはかなりあやしい。


私の家のとなりに、住宅街ができたため 我が家は死角になっている。 人を疑いたくはないのだが、なんか犯罪の匂いがしないでもない。 

そういえば、エアコンの室外機を大量に盗んだ窃盗団がいたという、ニュースも記憶にあたらしい。
まあ エアコンの室外機なんて、盗んで現金化したところで、たかが知れているとおもうのだが・・・
しかし、外出中にあやしい男が現れたらと思うと、ゾッとする。
外の物を勝手に持っていったり、あるいは家の中に侵入するなんてことだって考えられる。

ちょっと想像を巡らしすぎかもしれないが、この「自称 廃品回収業者」 は、かなりあやしい。

「廃品回収業者」って名乗れば 昼間の住宅街うろついていても、不自然ではない。 いつも巡回しているのであれば留守がちな家もチェックできてしまう。 
本来であれば、廃棄物処理の認可を受けた業者であるべきなのだろうが、結構もぐりの業者が公然と商売ができてしまう。
こんな状況は、かなり防犯上危険に思います。

今回は、想像の域をでないのですが、これを機に防犯について考えてみようかと思います。 
世知辛い時代なので、皆さまもお気をつけください。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/02/16 09:11 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アクセスカウンター
      

現在の閲覧者数 :       
プロフィール

びる

Author:びる
こんにちは、funnypainterこと、HN『びる』と申します。最近は、TogetterのまとめやWordPress等CMSに興味あり。

★びるのプロフィール★

ソーシャルブックマーク
Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 
Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 
最近の記事+コメント
全記事表示リンク (サイトマップ)
ブロとも申請フォーム
アルバム
てをつなごう だいさくせん
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ