びるのブログ回転するUFO

HN「びる」の雑記 サブブログです。 メインブログは、http://funnypainter.wordpress.com/ です。
・ びるのブログ 各カテゴリー最新5記事 一覧                        ・ 全ての記事を表示する(サイトマップ)
Top Page > 地デジテレビ > 「わが家のテレビデジタル化作戦」を見て

「わが家のテレビデジタル化作戦」を見て

このエントリーをはてなブックマークに追加
2010年7月12日?15日にかけてNHK教育テレビで放映された「住まい自分流」という5分番組の「わが家のテレビデジタル化作戦」が、意外と参考になった。


「わが家のテレビデジタル化作戦」 番組内容

第一回 アンテナ接続
UHFアンテナからの電波を、室内端子からデジタルテレビに接続して設定する方法をご紹介します。

第二回 簡単デジタル化
既存のアナログテレビとデジタルチューナーをつないで、地デジを見る方法をお伝えします。

第三回 録画機器の接続
ブルーレイ録画機などのケーブル接続の仕方をご紹介します。

第四回 設定トラブルの解消
テレビが映らない、リモコンがうまく動作しないなど、地デジに関するさまざまなお悩みを解消!

以上全四回  住まい自分流番組HPより引用

講師は、「村岡和幸」氏 (むらおか・かずよし)

アンテナ専門の工事会社で一般家庭や集合住宅のテレビ受信設備のデジタル化やリニューアルを手掛ける。現場での豊富な経験と幅広い知識に基づいた技術には定評がある。  講師紹介のページより引用

おそらく、引用に使ったページは、番組終了後、移動されるか削除されてしまうでしょう。

地デジ化が一年後に迫った、この時期。 とても有意義な番組だと思いました。
5分番組という事もあって、ポイントが押さえられていて、理解しやすかったです。

特に最終回「設定トラブルの解消」は、地デジテレビ特有のトラブルをわかりやすく解説してくれました。
基本、地デジテレビは、コンピューターの塊です。 もちろんアナログテレビにもコンピューターは使われていますが、地デジテレビはもっと高度な使われ方をしているんです。 
ですから、パソコンのように「フリーズ」してしまうこともあるわけです。そこら辺をわかりやすく説明してくれました。

私の家の地デジテレビも度々同じ現象にみまわれます。 
(フリーズ現象は様々ですが、うちの場合、朝、テレビの電源を入れてもなかなかテレビが映らないことがあります。時々画面が突然真っ暗になったりする現象も起こします。)
その際(フリーズした時)は、電源を切るか、コンセントを抜くかしてリセットをかけなければいけません。
そういうところの解説が、自分の体験も踏まえ理解できました。
(正直、故障も疑っているのですが、修理中TVが無いのは辛いですし、一応リセットすれば見れるわけですから・・・。)

しかし、大量生産の家電製品、完成された商品として「度々電源の入り切りをしなければいけないって、どうなの?」って疑問もわきますが・・・。
ここらへんは、メーカー毎の製品の挙動・製品の個体差やアンテナの設置の仕方(結構シビアです)など様々な要因もあるので、一概に否定的なことは言えないのですが・・・。
関連記事: びるのブログ 地デジのアンテナ調整

そういう点でいうと、不安定な面もある「地デジテレビ」を高齢者が使う場合って、私が使う以上に、いろいろトラブルがありそうですね。 使う当事者はもちろん、メーカーや販売店もおそらく苦労されているのではないかと想像できます。


 
さて、7月4日に「全国地デジ化テスト」という地デジ化キャンペーン番組が全放送局で放映されました。 
一年後に、あなたのTVがどのような状態になるかをテストする番組です。
マスコットキャラクターの「チデジカ君」が、未来の扉を開くと デジタルであれば、「あなたのテレビは地デジ化済みです」と「チデジカ君」から拍手が送られ、その逆にアナログで、あれば無情にも「砂の嵐」が流れるというつくりです。
初のネガティブキャンペーンという内容でした。 アナログ視聴者に「危機意識を持たせる」という点では意味のある番組だったのでしょう。

また、これをきっかけに本格的なアナログ放送のレターボックス表示が行われるようになりました。 4:3の従来のテレビでは、16:9の比率に合わせ黒い帯が上下に表示されてしまいます。 
その後レターボックス表示で放映される「4:3で収録された古い番組」は、さらに左右が切れてしまうことになり、ずいぶん画面が小さくなってしまいました。
危機意識を持ってもらうという意味では、致し方ないことなのかもしれませんが、反発を招かないかと心配です。

そんな話は、さておき、「わが家のテレビデジタル化作戦」とっても参考になるので、地デジテレビに興味がある人は是非ご覧下さい。 
2010.7.17(土)正午から教育テレビで4回分のまとめ番組も放映されるそうです。
まあ、NHKの事ですので、そのうち何回か再放送されると思いますけど・・・。



2010.7.22 追記
地デジテレビのファームウェア(ソフトウェア)の更新というのが度々行われている。
ファームウェア - Wikipedia
日本の地上デジタルテレビ - Wikipediaより「データ放送」
データ放送を利用してテレビやDVDレコーダーなどの機能を向上したり、不具合を修正したりするファームウェアを配信することが可能である。電波が受信できる状態であれば、視聴者は特に意識することなくファームウェアが最新の状態に更新される。
日本の地上デジタルテレビ放送 - Wikipediaより「データ放送」の項目より一部引用

放送波または、インターネット回線で更新は行われるそうです。
我が家の地デジテレビは、インターネットにつながる仕様でないので、放送波の更新に頼るのみです。

このファームウェア更新の仕組みを利用して、放送波から時々「メール」が届きます。
メールの内容は、私のテレビの場合、「設定画面」より確認できます。
テレビに「メール」が届くなんて、なんかとっても不思議です。 もちろん受信のみですがね。

しかし、この放送波を介してメーカーから送られてくる「メール」を読むと「ソフトウェアの更新に失敗した」との報告が・・・それも履歴を見ると、失敗の頻度が高いです。 
せめて、このファームウェアの更新さえ、うまくいけば「フリーズ」等のトラブルが減ると期待できるのですが・・・
(更新スケジュールは、各メーカーのHPで確認出来る場合があります。また、上記のような放送波「メール」によって告知される場合もあります。詳しくは、地デジテレビの取扱説明書をご覧下さい。)

「ファームウェア更新とその後の地デジテレビの挙動について」詳しいことが分かれば、また書きたいと思います。


地デジテレビ関連のカテゴリー作りました。 興味のある方はご覧ください。
  びるのブログ 「地デジテレビ」 カテゴリー
関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/07/16 10:44 ] 地デジテレビ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アクセスカウンター
      

現在の閲覧者数 :       
プロフィール

びる

Author:びる
こんにちは、funnypainterこと、HN『びる』と申します。最近は、TogetterのまとめやWordPress等CMSに興味あり。

★びるのプロフィール★

ソーシャルブックマーク
Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 
Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 
最近の記事+コメント
全記事表示リンク (サイトマップ)
ブロとも申請フォーム
アルバム
てをつなごう だいさくせん
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ