びるのブログ回転するUFO

HN「びる」の雑記 サブブログです。 メインブログは、http://funnypainter.wordpress.com/ です。
・ びるのブログ 各カテゴリー最新5記事 一覧                        ・ 全ての記事を表示する(サイトマップ)
Top Page > GIFアニメ

冗談素材 作ってみました。 2012.5.11

このエントリーをはてなブックマークに追加
需要があればいいのですが・・・。
「ぶらり ○○下車の旅」風 GIFアニメです。 素材は背景透明色です。
ちょっと中途半端な感じもするので、ちょっといじるかもです^^。 あと数パターン考えてます。

    「ぶらり ○○下車の旅」風 GIFアニメ - ニコニ・コモンズ

「ぶらり ○○下車の旅」風 GIFアニメ 

「ぶらり ○○下車の旅」風 GIFアニメ
(ここでは、styleタグで、背景を黄色にしました。) 

スポンサーサイト
[ 2012/05/11 13:20 ] GIFアニメ | TB(1) | CM(0)

Twitterで話題になった画像について。

このエントリーをはてなブックマークに追加
透明

  • ※病気の人には透明に見える画像 on Twitpic

  • 上記の画像が、Twitterで話題になった。
    画像編集ソフトを使ったことがある人なら、馴染みのある画像です。
    しかしながら、Twitterの反応があまりに異常なのに、ちょっと違和感があったので、書きたいと思います。

    透明を遠目でみる。 空目。 ※病気の人には透明に見える画像 http://t.co/OlUNDaD via @twitpicless than a minute ago via Tweet Button Favorite Retweet Reply



    実は、元ネタの ※病気の人には透明に見える画像 というタイトルを ちょっと斜めから見た、こんなツイートを書いたら、突込みが入ってしまいました。 (;^_^A アセアセ・・・

    画像編集をしたことがある人は、当然ピンと来る「透明レイヤ」の市松模様です。
    しかし、こういったネタに反応するということは、それだけ画像編集に触れたことがあり、一般化していることなんだなっと、実感したわけです。
    ただ、「透明色」ということを知らずに、乗りでツイートしている人も少なからずいるのではないかと、思わずにはいられないのです。

    画像編集ソフトでもこの「透明レイヤ」の市松模様が表示されないものはあります。
    たとえば、フリーウェアの D-Pixed や Pixia なども市松模様は表示されません。

    GIMPを使った時は、「透明レイヤ」の市松模様が表示されたと記憶しています。
    Photoshop や Illustrator などは、私自身正直使ったことがないので分からないのですが、Web上の情報によると表示されるようですね。
    こういったメジャーな画像編集ソフトにならった、お絵かきソフトは同じような作りなのでしょう。

    お絵かきソフトで絵を描くことは、確かにここ数年でかなり一般化されたのでしょう。
    お絵かき投稿サイトが流行ったり、ライブ動画配信をしたりと、若年者層が増えたような気がします。
    あとは、コミックマーケットなどへ出品する過程で、画像編集ソフトが重宝に使われているのだと思います。



    私事になりますが、funnypainter(おかしな絵描き)なんて、HNを名乗っていますが、画像編集については詳しくありません。

    2006年頃、地元のコミュニティーFM局に投稿するのが楽しみで、つまらない絵をネタに、せっせとFAXを送っていた時期がありました。
    その頃、D-Pixed を使い出しちょっと絵が描けるようになりました。
    ただ、「レイヤ」や「透明色」や「マスク」の概念が良くわからなくて、苦労したことを思い出します。
    実は、その頃ネットもやっていなかったので、情報が少なくて試行錯誤でやっていたわけです。

    そんな「レイヤ」や「透明色」が、こんなにも身近で盛り上がる話題になるなんて…と、時代は変わったものだなっと感じたものです。
    でも、これらが理解できるといろいろ応用が利きます。 GIFアニメやFlashアニメにしても面白い効果が得られます。 このブログの右上に飛んでいるUFOも背景は透明色になっていますよ。

    暇な方は、当ブログのカテゴリー 「GIFアニメ」や「フラッシュ」などもご覧ください。
    拙い作品で、申し訳ないのですが…



    画像編集は、Webサイト作成につき物の作業です。
    今回、Twitter上で「透明レイヤ」の市松模様が話題になったのも、ICT関係やWeb屋さんが多いネット上ならではなのかな? とも感じます。
    デザインはわからないですし、凝りようもないのですが、画像編集ソフトも常に使っていないと、いざという時使えません。 私事ですが、これをきっかけに画像編集ソフトへの興味を取り戻そうかと思っています。
    (作品の出来はともかくとして…)
    [ 2011/09/15 09:04 ] GIFアニメ | TB(0) | CM(0)

    「動く心臓」 ニコニ・コモンズに公開しました。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    久々にニコニ・コモンズ素材を公開しました。 と、言っても「びるのブログ」ではおなじみの例の心臓です^^。  ダウンロードへのアンカーリンク

    もう2年も前の記事ですが、詳細はこちらをご覧ください。
  • 心臓 (Heartbeat) フラッシュアニメに挑戦してみました。
  • 心臓 (Heartbeat)の再構成

  • 「きっかけになった動画」
    長谷川さん限定 凹んだ時に見ると元気になるパワポ - KiBANinter作
    今回、「動く心臓」をアップしようと思ったきっかけは、Twitterでフォローしているある方がアップした動画を見たからです。 動画の元ネタとかよく分からないのですが、この動画中にドキドキ感を表現する為「心臓の絵」がモチーフとして使われています。(こちらの心臓は、動きません。)
    動画を貼ってみましたので、一度ご覧ください。
    (この作品の中に使われている「心臓の絵」は私の作った素材ではありません。 誤解の無いように^^。)


    こういう表現の時、以前作ったGIFアニメが利用できるかな?と、考えたわけです。

    今回、ニコニ・コモンズにアップした素材は、フラッシュ(SWF)ではなく、GIFです。
    GIFの方がより汎用性があると思ったからです。
    ニコニ・コモンズ上で作品改変については、触れていないのですが、「動く心臓」については、基本いじっても構わないと思っています。 
    GIFアニメのエディタ(Giam等)を使えば、画像を取り出したり、別の画像の挿入も可能です。

    素材の内容が、内容なだけに、一応、利用条件に「あまり素材自体リアリティーありませんが、見る側が、著しく不快になるような表現では、使ってほしくないです。 特にホラーやグロテスクな場面等に使うときは、考慮してください。 」という文言を付け加えさせていただきました。

    拙い作品ですが、使える場面があったら使ってみて下さい。利用許可範囲は、特に制限を設けていません。
    ダウンロードは、下記のリンクからお願いします。 ログインを要求されると思うので、ニコニコ動画のID・PASSを入力して下さい。(恐れ入りますが、ニコニコ動画のアカウントを持たない方は、アカウントを取得して下さい。)

      動く心臓 - ニコニ・コモンズ

    動く心臓
    動作確認用 「動く心臓」
    (width="160" height="120" にリサイズして表示しています。)

    とは言っても、なかなか使いづらいと思います^^。 11月27日正午現在、まだダウンロードした人はいませんから ^_^;
    [ 2010/11/27 12:04 ] GIFアニメ | TB(0) | CM(0)

    ぐるぐる~

    このエントリーをはてなブックマークに追加



    あなたは、だんだん 眠くな?るw

    [ 2008/12/11 13:45 ] GIFアニメ | TB(0) | CM(3)
    アクセスカウンター
          

    現在の閲覧者数 :       
    プロフィール

    びる

    Author:びる
    こんにちは、funnypainterこと、HN『びる』と申します。最近は、TogetterのまとめやWordPress等CMSに興味あり。

    ★びるのプロフィール★

    ソーシャルブックマーク
    Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 
    Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 
    最近の記事+コメント
    全記事表示リンク (サイトマップ)
    ブロとも申請フォーム
    アルバム
    てをつなごう だいさくせん
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ